橋本グループ開発物語

TOP  〉会社概要  〉橋本グループ開発物語

世界質を
目指して―。

「橋本グループ開発物語」

樹脂と銅管を組み合わせた、
世界初の熱交換器誕生。

次世代の熱交換器を生み出したい―エンジニアたちの熱き想いを形にしたのが、
世界初となる樹脂金属ハイブリッド熱交換器です。

給湯器に使われる熱交換器いえば、銅管ステンレス製が一般的です。
銅管の加工に精通し、さらに樹脂の成形加工も得意とするHASHIMOTOだからこそ、
「熱交換器配管樹脂つくれないか」という常識破り開発にも果敢挑み、実用化かなえることできました。

「橋本グループ開発物語」

樹脂できた熱交換器魅力とは何でしょうか?
それは、銅管やステンレスでは成しえなかった軽量化、コンパクト化、性能アップ実現したことです。

樹脂だからできた軽量化最小化。それ製品そのもの輸送にかかるコスト削減につながります。
また、コンパクトさとシンプルな形状は、給湯器組み付けしやすさを向上させました。

この熱交換器大きな特徴なす、本体内部樹脂水通路インサート成形した独自形状
コルゲート加工施した扁平伝熱管。
精密さ高度加工要する生産技術は他の追随許さず、実用化から5年経たでも
他メーカーよる類似商品まだ市場出ていません。

ヨーロッパ仕様の熱交換器の開発に着手。

樹脂製熱交換器が実用化されてからおよそ3年後のある日こと。
ヨーロッパを拠点とする大手日系企業より、ヒートポンプ式給湯器搭載するため
樹脂製熱交換器を作ってほしいという依頼ありました。

樹脂製熱交換器の開発に成功したHASHIMOTO GROUPでは、かねてからヨーロッパ各国企業アプローチかけ、
2013年にドイツで開催された展示会で熱交換機をPRし、好感触得ていました。
とはいえ、ヨーロッパの市場想像以上保守的でした。
樹脂製というこれまでにない熱交換器知っても、反応悪くないもの実際導入なると話は別で、
なかなかHASHIMOTO GROUP単独では受け入れてもらえなかった背景ありました。

この熱交換機開発プロジェクトも、現地スタッフ最初反応懐疑的慎重そのものでした。
地道な提案を繰り返し、試作と性能テスト積み重ね、やがて品質高く評価いただけるよう風向き変わっていったのです。

「橋本グループ開発物語」

約2年間をかけた開発プロジェクトは、HASHIMOTO GROUPにとって貴重市場リサーチ機会なりました。
まずは水まわり事情や生活習慣が、ヨーロッパ日本では全く異なります。
現地では日本のようにお風呂に入る習慣なく、浴槽昇温関わる回路不要です。
水質も日本と異なり、配管にものが詰まりやすいいった事情ありました。
現地で収集した貴重なデータや情報は、今後ヨーロッパ各国での展開進めていくあたって、
大きなアドバンテージなることでしょう。

この熱交換機の製品仕様はすで完成しており、2019年予定販売開始待つのみなっています。
ページトップ